もっとお客さんを増やす方法

>

情報を知ってもらおう

簡潔にまとめることがポイント

大きいチラシは、お客さんが見てくれません。
サイズを小さくしましょう。
小さくなると、記載できる文字が少なくなります。
文字数に収まるように、伝えたいことを厳選してください。
伝えたいことを決めると、チラシを作りやすくなります。
キャッチコピーを考えるのも良いですね。
お客さんの記憶に残りやすいキャッチコピーがあれば、集客効果に繋がります。

文字だけでは、お客さんに伝わりにくいですし、興味を持たれにくいです。
イラストや写真を使ってください。
説明文が少なくても、イラストや写真があれば具体的に伝わります。
シンプルなデザインになるので、性別や年齢を問わず好まれるチラシになります。
宣伝したい内容が決まったら、それに合う写真なども用意しましょう。

定期的に配布しよう

チラシを作ったら、お客さんに送るのがおすすめです。
ダイレクトメールを送って、情報を定期的に伝えましょう。
1年に1回しか送らない頻度では、お客さんがお店や商品の存在を忘れます。
しかし1週間に1回という頻度では、お客さんがうるさいと思います。
マイナスなイメージを抱かれると、商品を購入したりサービスを受けたりしてもらえなくなります。

最も良い頻度を考えて、ダイレクトメールをお客さんに送ってください。
たくさんのお客さんに、簡単にダイレクトメールを送れるシステムがあります。
手間を削減できるので他の作業もはかどります。
送る周期を決めていれば、その時になったら自動でダイレクトメールを送れます。
送り忘れる心配はありません。


この記事をシェアする

トップへもどる